タニノクリスチー買取|東京都渋谷区のお客様にFLASOTTOをお譲り頂きました

2022年3月10日|【タニノクリスチー/FLASOTTO/ジョッパーブーツ/6.5】のお買い取り

東京都渋谷区にお住まいのお客様より、タニノクリスチーのジョッパーブーツをお買い取りさせて頂きました。
状態に関しては、1回軽く使用された程度の大変綺麗な状態。買取金額は¥74,000-となりました。

タニノクリスチー/FLASOTTO/ジョッパーブーツ/黒/6.5の買取_20220310
タニノクリスチー/FLASOTTO/ジョッパーブーツ/黒/6.5の買取

タニノクリスチーのお買い取りについて

すでに廃業をして10年以上経過しているので、靴マニアだけが知っているようなブランドになってきました。全体的に見て革質が本当に良いものが多いので、廃業後も靴マニアの間で話に出てくるというのも、納得です。ただし難しいのは、現状ブランドとしての認知度は、マスで見ると決して高いとは言えません。かなりマニア色が強いので、一部マニアに刺さるデザインなのか、そうでないデザインなのかで、結構査定額の差が開きます。また、世間一般の認知度という点で考えると、一般のブランドアパレル買取系店舗では、ほとんど値が付かないと思っていただいて間違いないと思います。(さすがにFLASOTTOだけは別格なモデルなので、他モデルに比べて多少つくとは思います。この辺りは、担当するバイヤーさんが靴に興味があるか、そうでもないのかでだいぶ差はつきそうではありますが。)

タニノクリスチーに関しては、現在の英国有名ブランドがもてはやされるようになる前から、すでに”高級靴といえばこのブランド”という立ち位置にあり、半世紀近く前から日本では流通しています。よって、かなり古いものになると若干のデザインの古臭さは否めません。逆に90年代後半~2000年代あたりのものから最後期にかけて(オックスフォードやダービー等のドレスモデル)は、現代のファッションにもマッチしながら、ハイレベルな革質を感じる事が出来、この辺りの年代のドレスシューズは大変マニア受けがいいので、良い査定が出来るかと思います。

なんにせよ、適切な判断が出来るバイヤーが少ないという点、そもそもマニアのお客さんが集まるようなお店でないと中々販売予測が立たないブランドという点から、買取店によってびっくりするくらいの差が出てしまうブランドというのは、決して言い過ぎではないと思います。


タニノクリスチーの買取実績一覧はこちら
LINEで革靴の簡易査定サービスを利用してみる



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。