【買取レポート】チャーチ/CHURCH’S:スキンステッチ仕様/ストレートチップ

こちらはJIL SANDER別注/ダブルネーム仕様のお品物。製造時期としては、おそらくジルサンダーがプラダグループの傘下であった時の商品かと思われます。

尚、当製品は羽根のサイド、キャップ部にスキンステッチを施されたモデル。羽根部分に関してはチャーチのシャノンに見られるものとほぼ同様ですが、キャップ部分までスキンステッチを施された製品となると、どのブランドでもほとんど見かけないものと思われます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です