■イギリス/ノーザンプトンのファクトリーショップで靴を買うという選択■

今時、本当のオシャレさんはイギリスへ行っても、ロンドンでお買い物をしない!!?もっともっと面白い場所は郊外にある!!

ーーーーーーーーーー

イギリスにはシューズのファクトリーショップ(アウトレット)というものが存在します。それはロンドンから電車に乗って1時間程度、、東京~箱根くらいの感覚で行くことの出来る、ノーザンプトンに点在するブランド工場直営のショップです。

そこにはいわゆるチョイ傷物→”サブスタンダード品””リジェクト品”とも呼ばれる、普通に使用出来るものの、何らかのキズや色むらで正規販売が出来ない商品が販売をされています。

ブランドとしては、、、ジョンロブをはじめとするエドワードグリーン、チャーチ、クロケット&ジョーンズ、トリッカーズ等々、、、所謂イギリスの有名ブランドがセール価格で販売をされているのですが、そのほとんどの商品が普通の正規品と何が違うの?という程度なので普通のお買い物感覚で買えてしまうというまさに靴好きの楽園なのです。

ちなみにノーザンプトンとは、、、イギリスの靴の生産地として有名な場所です。日本で言う所の”浅草”みたいな所でして、日本で靴と言えば東京の浅草、メガネなら福井の鯖江、デニムなら岡山、、、のような感覚で、【イギリスで靴と言えばノーザンプトン】という様な場所と覚えて頂ければ大丈夫です。

という事でまずはマップで場所を見てみましょう↓↓

 

 まず、こちらが最も皆さんが行きたいかな~と思うであろうブランドのショップ所在地となります。

通常電車で行く事となるので、【station】からスタート!

とその前に、、、行くにあたっていくつかの注意事項があります。

ーーーーーーーーーー

1.移動手段

ファクトリーショップと言えども、普通のアウトレットモールの様に一か所の商業施設に集合しているという訳ではなく、あくまで各ブランドの工場併設の売店のような感覚です。ノーザンプトンは広いので、全てを徒歩で回るにはちょっと辛いかと思います。出来ればタクシーを使って移動をしましょう。

ショップは結構普通の路地にあるので、少し歩いて大きい通りまで出てタクシーを拾う事になりますが、買いすぎて荷物が多いという場合は、各ファクトリーショップのスタッフさんにお願いをしてタクシーを呼んでもらってもいいと思います。購入していない場合は頼みにくいので歩きましょう笑

ただ、時間がある場合は徒歩でも問題なく回る事は出来ます。ノーザンプトンの街並みを見てみたいという場合は徒歩という選択は悪くはないでしょう。その場合、一番遠いジョンロブまではタクシーで行き、その後徒歩で周りながら駅の方まで歩いて帰る事となります。

また、タクシードライバーさんに住所等を英語で伝えるのが不安という方も大丈夫です。タクシードライバーさんも慣れているのか、〇〇〇のファクトリーショップへ行きたいと伝えると、OKといって住所を言わずとも乗せていってくれます。分からないドライバーさんもいるかもしれないので、一応住所も控えておけば安心ですね!

 

2.休業日がブランドによって大きく違う

それぞれのブランドが個別に運営をしているので、営業をしている曜日、時間帯がかなりばらばらです。たとえばクロケット&ジョーンズは週に2日しか営業をしていません。きちんと営業日、時間帯を確認していかないと残念な思いをする事となります。

またエドワードグリーンに関しては予めアポを取る必要があります。これは電話以外で受け付けてくれることはほぼありませんので、自身で事前に電話をしなくてはいけません。予め旅行前に日本から国際電話を使うか、もしくは現地で電話をしましょう。ちなみにここも休業日があるので、それも踏まえたうえで。

1日でこれらのブランドを全て周る事も可能ですが、出来れば2日に分ける方が無理なく周ることが出来ると思われます。

3.トイレに注意

ノーザンプトンは比較的栄えている街ではありますが、ロンドン程ではありません。さらに言うと、ファクトリーショップは、ノーザンプトンの市街地からは若干外れている建物以外何もない工場地帯のような所にある為、急に催した時、、トイレを探すのに苦労します。

地図で見るよりも実際はそれぞれのショップが広範囲に点在する為、周る際にはレストランや、カフェを予め探しておいて、トイレ休憩の場所を決めておくことをお勧めします。トイレの近い方は特に注意!!もちろん立ちシ〇ンはNGです笑

本日の投稿は実際に現地へ行く前準備としての基本的な情報となります。では実際にそれぞれのファクトリーの特徴や、行く前に知っておきたい情報、用意しておきたい物などetc…はまた後日。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です