■歴史に名を刻んだ最狂の男”ヒットラー”が”ヨーロッパで最も危険な女性”と評した女王!!■

今は無き4つ目のロイヤルワラント、”エリザベス皇太后”のロイヤルワラントとイギリス国民が称えるその人物像。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


以前にもこのブログで紹介をした、4つのロイヤルワラントが入っているイードレヴェンスクロフトのシューズ等ご紹介をしましたが、覚えていますでしょうか


現在は3つしかない事は、もちろん朝飯前にご存じだと思いますが、


”エリザベス皇太后”のロイヤルワラントが過去に存在した


そのロイヤルワラントがこちら画像1枚目です。


現在の”エリザベス女王”のロイヤルワラントと似ていますので、違いを見ておきましょう(^^)/現女王は右がユニコーンですね。


そして本日は、


このエリザベス皇太后(こうたいごう)とは何ぞや!!?をもう少し深堀したいと思います。


エリザベス皇太后、、


ざっくりいうと現女王であるエリザベス女王の母親です。


2002年死去、享年101歳と、かなり人生を全うされたようで、


というより色々波乱万丈あった様子。


第二次世界大戦中は、自身が敵兵の侵入に備えて拳銃の撃ち方を学んだり、


ロンドンがドイツ空軍による大空襲にさらされる中で、自身がロンドンを離れることも子供を疎開させることもせず、


「子供たちは私のもとを離れません。私は国王陛下のもとを離れませんそして、国王陛下はロンドンをお離れになりません」


と語っていたとか。


さらに、バッキンガム宮殿が空爆の直撃を受けた時には、


「爆撃された事に感謝しましょう。これでイーストエンドに顔向け出来ます (I’m glad we’ve been bombed. It makes me feel I can look the East End in the face. ) 」


と言い放ったと。


エリザベスは現に、


軍、病院、工場、さらにドイツ空軍の爆撃目標となった場所、特に低所得者の多いロンドン港湾近辺のイーストエンドを何度も慰問している事もあり、、


イギリス国民の”士気”を励まし奮い立たせる”精神的支柱”となっているエリザベスを


かのアドルフ・ヒットラーは”ヨーロッパで最も危険な女性”と評していたのだとか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です