■ジョンロブのそれ、実は〇〇〇かもしれませんよ!!?■

知らないと恥ずかしい!!?ジョンロブ”ローマ字部分”の本当の意味をきちんと理解しよう(^^)/


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日は以前にもさわりだけ書いた”DARBY”というモデルについて


以前は写真4枚目のブラインドブローグの写真をUPしたと思います。


覚えて頂いてますでしょうか


ちょうどモデルDARBYの方が入ってきたので、改めて比較をしてもらう為UPしておきます


画像1.2.3の方


こちらがモデル/DARBYです。フルブローグ、外羽根のモデルがこれですね~


ちなみに見方は、モデル/DARBY サイズ/5.5E ラスト/8695

 

 

ーーーーーーーー


逆に画像4.5.6


こちらはDARBYと書いてありますが、ブラインドブローグのモデルです。


モデル/”WARWICK”(箱がない為未確認、、おそらく笑) サイズ/6.5EE ラスト/DARBY 


そうなんです、この書き方をされているとラスト名のDARBYという事なのですね~


こちらは靴自体にはモデル名が書かれていません。


所謂エドワードグリーン旧工場製の物で、年代物の方です。


ソックシートも”PARIS”という文字が入っており、ちょっと違いますね。


ちなみにDARBYラストは当時では色々な靴に使われていた為、ストレートチップ、モンクストラップetc,,色々なモデルにこの”DARBY”という文字が書かれています。


”年代物のジョンロブはDARBYと書かれている物がたくさんあるが、それは現行品の様に、必ずしもモデル名ではない!”


という事を最高級靴買取ノーザンプトンの読者さんは是非覚えておいてくださいね(^^)/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です