■ジョンロブ”BARROS”がクロケット&ジョーンズの人気モデルにそっくりな理由■

皆さんは日本のセレクトショップや雑誌でクロケット&ジョーンズのMORETONを見たことはありますか?


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日はジョンロブの”BARROS”とクロケット&ジョーンズの”MORETON”を画像で比較します(^^♪


*ちなみに現行ではジョンロブ”BARROS”はほぼ別注品のみと思われます。基本的にはすでに廃盤のモデル、本日画像でご紹介するのはかなり古いジョンロブの靴です。


まずご紹介するのはジョンロブ/バロス(画像1~3枚目)


次にクロケット&ジョーンズ/モールトン(画像4~6枚目)


各本体と、ソックシート、印字の画像ですね~


ちなみに印字では、、、


ジョンロブ 9013 7 1/2E 292 BARROS


クロケット&ジョーンズ J9262RD 9E 292 MORETON


となっていますが、、、


?同じ”292”というのは何の意味?


そう、これがラスト


例えばクロケット&ジョーンズは


オードリーに使用されている”パリラスト”なんて言われているラストは”337”


メインコレクションのチャートシーなんかは”224”


と、大抵3桁の物となります。


とここで両方の”292”に注目をすると分かるのですが、


この靴”バロス”に関してはクロケット&ジョーンズが作っていた時代のジョンロブの商品ですね~


(旧ジョンロブ既成靴がクロケット&ジョーンズのOEM製品という事は、昔の記事にも書いておりますので、過去記事をご参照下さい)


そして、このバロスをもとに作られたと言われているモデルが、現行のクロケット&ジョーンズのモールトンと言われています。


ちなみに現行のこのCrockett&Jones/モデルMORETON


本国のホームページには商品として掲載をされていません。


と、考えると、、、これはもしや、、ごにょごにょ、、


長くなるので、またいつか笑

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です