■メンズファッション業界の美人過ぎる〇〇〇!!■

サドルソープの使い方と、革靴についてしまった強い皺を取る裏技が公開されています(^^♪


今日は美人過ぎるメンズファッションライター丸山尚弓さんの記事をご紹介(^^♪


今回のLifehackerさんにてご覧を頂ける丸山さん記事なのですが、


サドルソープの使い方が結構分かりやすくまとめられており、


一読する価値があるかな~と。


意外とサドルソープっていざ使おうとすると、、あれ?どうやるんでしたっけと?なるものです笑


再度画像を見ながら復習しておきましょう!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

洗う準備が整ったら、水をたっぷりと含ませたスポンジで、靴の表面を全体的に優しく濡らしていきます。必ず、水が靴全体に行き渡るように気を付けてくださいね。全体に行き渡らないと、ムラになる場合があります。

ブラシにサドルソープをつけて泡立てます! かなりしっかりと量をつけないとちゃんと泡立たないので、思い切ってつけてくださいね。くるくると円を描くようにして泡立てていきます。

しっかりした泡を作ったら、靴全体にのせていきます! 泡が全体に行き渡ったら、今度はクリーニングブラシで小さな円を描くように、優しく靴の表面をこすっていきましょう。

全体をしっかりクリーニングした後は、表面に残った泡と落ちた汚れをクリーニングスポンジで取り除きます。サドルソープには革の潤いを保つ成分も含まれており、コンディショナーのような役割をしてくれるので、若干成分が残っていても大丈夫です!

シューツリーを靴に入れて、形を整えていきます。濡れた状態の革はデリケートなので、くれぐれも優しく取り扱ってくださいね。そっと滑らせるように入れるのがコツです。

甲の部分のシワは親指の腹を使って、特に丁寧に伸ばすのがポイントです。濡れている状態なので、しっかり伸びますよ。

乾燥させるために、通気性の良い場所にそっと陰干しします。一旦洗う前のものと比較するために並べてみましたが、すでにこの時点でかなりキレイになっているのがわかります。
 

★★★★★


サドルソープの使い方もそうなのですが、

今回特に見て頂きたいのが、、

最後にシューツリーを入れて、指で革を押していますね~


靴についた強い皺を伸ばしたい時、、


サドルソープで全体を洗ったあとやたっぷり濡れたティッシュを全体に巻いて水分を含ませることにより、皺を伸ばしやすくなります。


指やアヴィレザーステックで少し押し付けるように伸ばしていくと、、


あら綺麗、最後の画像に見られるような違いが生まれます(^^♪


サドルソープの使い方もさることながら、こちらも皺を軽減する裏技ですので要チェック~


元記事で内容を見る
https://www.lifehacker.jp/2015/…/151026mensfashion_shoes.html


美人過ぎるメンズファッションライター丸山尚弓さんのfacebook
https://www.facebook.com/handsome.shoes.and.fashion


★★★★★★
丸山さん


美人すぎるメンズファッションライターとして活動中。
メンズファッションを題材とした自身のFacebookは、コメントが女性目線で分かりやすいと好評で、
紹介した商品には問い合わせが殺到する。
ファッション初心者を「素敵な男性」へと優しく導くことが心情。
ライター以外の活動として、メンズブランドの企画やブランディングを行っている。
★★★★★★


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です