■あなたのその靴、、もしかしたらエドワードグリーン製ではないですか?■

EGには、まだまだ一般に知られていない別注品がたくさんあります。


本日は、メディアでは一切紹介をされていない、エドワードグリーンのとある別注品!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー


今日は、


ブランド名/マサロ(MASSARO)の別注品となる、こちらのお靴。


実は、エドワードグリーンは”エドワードグリーン”というネームが入らないOEM製品が非常に多く存在します。


ちなみにこちらは仏ブランドの商品、


個人のビスポークから、シャネル等のビッグメゾンまで、幅広く製品を提供している所謂老舗ブランドです。


(^^♪


では商品を見てみて下さい、


印字部分を通常のエドワードグリーンの商品と比較して頂きましょう。


結構見たことのあるようなラストだと分かりやすいのですが、



”125”


見慣れないですね~


おそらくラスト自体も別注ではないかと思われます。


また、ソールの半カラスの感じも、若干違いますね~


ただそれらで分かりにくい物の、、


数字の配列はエドワードグリーンの物と一致する事が分かりますね!


今までこちらのブログにもたくさんUPしてきているので、


見て頂いている方には、なるほどそうだね~と思って頂けるかと(^^♪


靴はブランドごと時代時代に様々な印字方式がありますが、


ここに注目して靴を見てみると、

 


色々な発見があって面白いですよ~


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です