■市場にたまーにしか出てこないあのハイブランドのCrockett&Jones製シューズ■

 

 

 

本日は、、


クロケット&ジョーンズ/パープルレーベル別注/7.5E


ラルフローレンのシューズ自体は結構出回っているんですが、


もう本当にさまざまで、日本製から英国、イタリア、アメリカ、メキシコ、、、


英国製の物だと、C&J、エドワードグリーン、ガジアーノ&ガーリングこの辺りはこのblogでも何度か取り上げたことがあるはず、


でもなぜかC&Jはなかなか他2つに比べて少ないですね。


形としては定番モデルのMONKTON等とほとんど同じなのですが、ヒールもビンテージシューズ風なゴムなしの鋲打ちだったり

現行にはない仕様が出来るのが別注の面白いところですね~


ちなみに、、


ラルフローレンの場合は、ライン問わずに英国製の物は大抵ソックシートにMADE IN ENGLAND が入ります。


もちろん判別のポイントは色々ありますが、、一番分かりやすい判別ポイントと言えますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です