■データから読み解く高級靴ジャンルの過去、現在、未来■

今日の記事、、興味ある方は同業者の方だけかもしれません笑

具体的にどれくらいの人が革靴に興味があるのだろうと、

数値として検証をしてみたのですが、

*ちなみに、、この画像はgoogleトレンドより、ワード検索の数値がどういった動きをしているのかを、ブランドで比較してみたグラフです。

やっぱりオールデンはすごいですね~

それについでのトリッカーズ、、

トリッカーズは夏と冬のアップダウンがすごい笑

ブーツの人気が伺えますね。まあローファー等の比較的気温が高い時期のモデルがあまり人気がないからというのも原因でしょうか。

ただ驚いたのは、トリッカーズがオールデン同様に調べられているんだなという事ですかね。暫定2位

チャーチに関しても出してみたかったのですが、

”チャーチ”で結果を出すと靴以外の検索結果も混じってきてしまったので、ここでは比較しませんでした。

余談ですが、、いまだに”おじ靴”というワードで検索数が伸びているのを見ると、

チャーチ、トリッカーズはレディースの人気で検索数が底上げされている気もします。

ちなみに以前パラブーツに関して記事を書いたことがありますが、

グラフで直線を引くと右上がり、やはり値段が上がってきている事と、検索数は比例していますね。

逆にトリッカーズは若干去年くらいから下降しています。

 

にしても夏場は靴屋さんは厳しいのがこのグラフで丸わかりですね~毎年足並みそろって8月は全部”最も深い谷”になっています笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です