オールデンのモデル/品番アルファベットの謎【F】編

ALDENの品番は色、形、素材、仕様によってそれぞれ違います。

オールデンの品番を見ればそれがどういった商品なのかが分かります。

例えばコードバン/バーガンディーのコインローファーですと定番は【986】、コードバン/ブラックの物ですと【987】という風に、色により品番が一つ違います。

それが同じ見た目である、定番のコインローファーでカーフ素材になると、カーフ/バーガンディーが【984】、カーフ/ブラックが【981】となります。

これらは基本的に固定であり品番で仕様は統一されていますので、全く同じ品番でカラー違いetc…の仕様の違いはありません。

品番末尾にあるアルファベットは仕様、特徴を表している!!?

以前例に挙げた物を一部抜粋します。まず、【H】というアルファベットが品番末尾についている場合を見てみましょう(^^)/

オールデン/タンカーブーツ/コードバン/4540H

ラコタで実に一番人気と言われているコードバン/タンカーブーツです(^^♪

ALDEN/4540H→こちらにはHというアルファベットが付属しますね!!

こちらの【H】の意味はホック。ブーツ上部にハトメでなくひっかける部分(ホック)が付属する場合にはこちらの【H】が品番の末尾につく事となります。

品番末尾の【F】の意味とは!!?

では今回は品番末尾【F】について。これは何でしょうか?以下、まずは参考画像をご覧頂きたいと思います。

オールデン/アナトミカ/クロムエクセルレザー/56103F

出典:anatomica-sapporo.com

少し見づらいので、もう少しアップした別モデルの画像を、、20163F

ぱっと見、数字の7のミスプリントのように見えなくもないのですが、これが【F】となります。この【F】はそれなりに出回っており、別注商品等でもよく見かける印象です。

先述をしたブーツのホックを指すアルファベットが【H】でした。ではこの【F】も何かしらの意味の頭文字からきていそうですね!

【F】はフレックスシステムから由来している!!

正解は、、【F】はフレックスシステムの意味を指しています。

フレックスシステムとは、グッドイヤー製法にも拘わらずソールの返りが良い、非常に柔らかな履き心地になっている事が特徴の仕様となります。アウトソールはオイルドレザーソール(フレックスソール)、インソールも通常とは違う素材となっております。(感覚的には、通常のインソールと比べて触った感じ少しつるつるしたような素材感です)

グッドイヤー製法の靴は、製法上履き心地は比較的硬いです。その硬さを軽減している仕様がこのフレックスシステムのモデルという事ですね!

フレックスソール画像

出典:anatomica-sapporo.com

屈曲性と水の侵入を軽減するオイルを含んだレザーソール

インソール画像

出典:anatomica-sapporo.com

少し見づらいですが、こちらは実際に触って比べてもらうと違いが分かると思います。

*【返り】とは、、ソールの屈曲の事を指しています。

出典:www.district.jp

一般的に、グッドイヤー製法の物は返りが悪い、固い。逆にイタリア靴などに多く見られるマッケイ製法は返りが良いというのが通説です。(あくまでも一般的に言われている製法上の特徴です)

まだまだたくさんあるアルファベット!!?

文頭に書いた【H】、本題の【F】以外にも多数のアルファベットが存在します。かなりマニアックな部分ですが、この辺りも注意深く見ていくと色々な発見があって面白い!!というのもオールデンを楽しむ上での一つポイント、、(になるかどうかはあなた次第)

是非お持ちのシューズや各セレクトショップで販売されている商品の内側まで見てみて下さいね(^^♪


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です