■ジョンロブのファクトリーショップin ノーザンプトン■

他とは異質!自分で店舗内の箱を開け、商品を探すスタイルのジョンロブアウトレットショップ(^^♪

ーーーーー

チャーチのファクトリーショップへ行った後、はルートに添った感じで行くとトリッカーズ、クロケット&ジョーンズ、ジョンロブがルートとして繋がります。という事は、次に向かうのは一番遠い

 

 

ジョンロブのファクトリーショップですね!

チャーチからノーザンプトン駅のロータリーに戻ると、たくさんタクシーが見つかります。とりあえず止まっているタクシーに乗り込み”ジョンロブのファクトリーショップへ行って下さい”と伝えれば、ほぼ大丈夫です。(稀にわからない人もいるかもしれませんので、住所なども控えておくとよいと思われます。

address:

Westminister Works
Oliver Street
Northampton
NN2 7JL

tel:

01604 715 011

opening times:

Mon – Fri: 9:00am – 5:00pm
Sat: 9:00am – 12:00pm
Sun: Closed

今まで住所を伝えることなく、タクシーの運転手さんに連れて行ってもらっているので、ショップへ連れて行って欲しいの一言でほぼ問題ありません。

という事で、タクシーに揺られ約10分程度、道中トリッカーズのファクトリーショップを横切りながら、ジョンロブのファクトリーショップに到着です。

ファクトリーにつくと、、、ゲートの淵にインターホンがあるのが分かりますでしょうか。これをピンポンすると、女性スタッフの方の返答があり、”中見せて下さい”というとゲートのカギが開くようになります。

がちゃ、、

ゲートを入って左側の建物がショップとなります。では、中に入ってみましょう。

中に入ると、10坪もないくらいのコンパクトな室内に、所狭しと商品が重なっています。

この室内の両側に10段くらい商品が連なっており、500足~商品が置いてあるかなといった印象です。

少量ですが、ソックスやベルトといった小物も置いています。

にしても通常のお店と違って、サイズごとに分けられているので、見やすくていいですよね~。サイズが小さく気に入った商品でもサイズがないことが多い私にとっては、普通のお店もこういった感じだといいのにといつも思います。

サイズだけでなく→ブーツ、短靴、カジュアル等のジャンルでも分けられています。スタッフさんは楽しくレジで談笑しているので、お客さんは勝手に見て選んでね!スタイルです。基本的に普通のお店ではなく、倉庫のような感じなので、接客はされません。英語が苦手という方でも安心ですね~

ちなみに商品のほとんどが箱の中に入っているので、箱に記載をされているモデル名、素材、カラー、サイズ、ウィズを見ながら”おっ”と思うものを開けていくのですが、、よくわからないモデルも多く、開けてみるまで何が入っているか分からない!!まさに、宝探しをしているような気分になります。

積み重なっているので、一つ一つ空けていくのも中々一苦労です。そういうのも一つの楽しみかもしれませんね(^^♪

探していくと、本当にいろいろ置いていますが、、中にはシティやウィリアムのような超メジャーモデルもあったりするので、サイズの合うそういったモデルがある時はおすすめです!毎回そういったモデルがあるとは限りません。あくまでセカンド品なので、そういった商品が出てない場合は置いていないですし、そもそもそういったモデルはすぐに売れてしまう為、もしあればラッキーと思って思い出として購入する事をお勧めします!

ただし、そこまで爆裂的に安いという訳ではなく、実際そこそこ金額は必用ですので(為替にもよりますが8~10万くらいで買えると思って頂ければいいと思います)ここもやはり奥様の説得は必要です笑


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です