◆「Crockett & Jones」が世界一ラストを所持する理由◆

クロケット&ジョーンズは高級靴ブランド界でラスト保有数世界一!あの世界一有名なスパイも履いている‼?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
今や革靴を語る上では欠かすことのできないブランドといえば「Crockett & Jones」


 (クロケット&ジョーンズのファクトリーを訪れたチャールズ皇太子、横が現社長のジョナサン・ジョーンズ氏)

画像出典:http://www.claymoorslist.com/2013/07/hrh-the-prince-of-wales-visits-crockett-and-jones-factory-january-2013.html?doing_wp_cron=1452652038.2777369022369384765625

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Crockett&Jonesとは→


チャールズ・ジョーンズ氏と義理の兄弟であるジェームス・クロケット氏によって革靴の産地イギリスのノーザンプトンで1879年に創業されたブランド。

*日本でいうと1879年は明治12年・・・どれくらいの時代か分かりやすく言うと、日本で”廃刀令”が出された3年後の事。そう言われるとだいぶ昔な気がしますね笑)

この2人の名前を掛け合わせて”Crockett&Jones”というネーミングとなっています。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


そんな「Crockett & Jones」は何が世界一なのかというと・・・ズバリ『木型(ラスト)の種類』
 


メンズだけではなく、ウィメンズも幅広く展開しており、さらにOEM生産、別注等各国のビッグブランドからセレクトショップまで、、まさに器用貧乏的に幅広く営業をしてきた経緯から、世界一多くのラストを保有するに至りました。

”世界一ラストが多いブランド”というのはよく雑誌で取り上げられる内容ではありますが、もちろんラスト世界一!を狙っていたのではなく、こういった地道な企業努力の末、結果的に世界中のシューメーカーの中で最も多く木型を持つブランドになったという、、

そんな事実も日本市場でクロケット&ジョーンズがヒットした理由、、であると日本人好み的な美しさがあって良いですね!(もちろんマーケティングが良かったのが一番の要因です笑)


ちなみに多数の英国製名品を衣装とする映画として有名なスパイ映画”007”シリーズ、

画像出典:http://d.hatena.ne.jp/globalhead/20121203/p1

2012年に公開された「007 スカイフォール」ではジェームズボンドがCrockett & Jonesを着用していました。あの凄腕のスパイがチョイスするほどのブランド、やはり世界一のスパイは身に付けるものも世界一という事ですね!!
 


同映画で実際に使用されていたモデルは計4型となり、ドレッシーなホールカットから武骨なカントリーブーツまで、、実際に使われていたモデル名が以下となりますので、今後の靴チョイスの参考にして頂ければと!

 (左ISLAY、右HIGHBURY)

 画像出典:http://www.crockettandjones.com/news/index/james-bond-skyfall-crockett-and-jones

(左ALEX、右TETBURY)

 画像出典:http://www.crockettandjones.com/news/index/james-bond-skyfall-crockett-and-jones


数多のブランドから靴を探すのも楽しいですが、世界一のラスト数を誇るクロケット&ジョーンズの中から、自分の足にぴったりと合う、運命の1足を探してみるのも楽しそうですね♪
 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です